スポンサーリンク

アマゾンのナゾ明細を確認してムダトリ

くらしの雑記

カードの請求明細にあるAmazonの引き落としの数々。1つずつチェックしていると……無駄ハッケン

毎月のカード引き落としのチェック

カードの支払い明細には 「アマゾンシーオージェーピー」とか「アマゾンサービシーズ」とあるだけで何を買ったのか不明なものが散見されます。(私だけ?)

支払っているつもりのないものが請求されていたり、よくよくみると無駄がある…そんな話です。

Amazonのカスタマーサービス(下記)には、支払い内容が不明な時は「注文履歴をみて」とあるのですが、金額が一致しなかったり、サブスクの月次請求は反映されていなかったり。

どうやら「アマゾンシーオージェーピー」はサブスクくさい。「アマゾンサービシーズ」は私の場合はKindleの本購入のようです。

カードの明細と照合するには

Amazonのページ(PCで開く)の「取引履歴」でみると照合できます。

1.アマゾンサイトの右上の「アカウントリスト」をクリックして

その下にでてくる「お客様のお支払い方法」を選択。

2.出てきた画面の上「取引履歴」をクリック

3.注文番号と明細(実際に請求される明細)がでてくる。

注文番号がないもの(サブスク)も表示されます。

これでスッキリ照合。ああ、ギフトカードで支払っているのもあって金額が違ってたのか、、と納得。

無駄をみつけて排除する

表示された中の990円の請求は、てっきりKindle Unlimitedの月次の支払いだと思っていたのですが、ほぼ忘れていた「NHKオンデマンド」。ん?数か月前に一度使ってそのまま自動継続されていたものでした。もういらない!のに数か月支払ってましたわ。。

Amazonプライムビデオにのっかってるサービス(私の場合NHK)を消すには、上記1.の画面の下にある「Prime Videoの設定」にとんで自動更新をオフにします。即時解約もできます。

これで 月990円の無駄をやっつけられました。やれやれ。もったいない。

そしてついでにKindle Unlimitedももういいかなと解約。こちらの980円を合わせて

月額 1,970円、 年額 23,640円のコストカット、と。いいきっかけになりました。

これを、先日から作っている来年の費用計画にも盛り込んで、と。

何が必要で何がいらないか、定期的にチェックして入れ替えるのは大事ですね。無駄な支出をカットして、有意義なことに使えるように采配する。

特に私は飽きっぽい、といいますか、一連の知識を得たり満足したら「はい、次!」と興味の対象が数年単位でがらっと変わるので、見直しは大事。

Kindle Unlimitedも、必要な本は買うなり図書館利用するなりで十分と気づきました。年間1万円越えに値するほどのUnlimited本はあんまりなかった。タダだから読もうか、と思うだけで実はタダじゃない。

↓ 無駄トリ No Money Day, 順調です

コメント