スポンサーリンク

エアコンの季節の準備。お掃除エアコンは手間いらず

くらしの雑記

我が家のエアコンは4台。朝晩はまだまだ涼しいですが、そろそろ準備を始めました。

ナショナルのエアコン2台

パナソニックになる前のナショナルブランドのものが2台。これは10年以上前ですね。お掃除機能がありません

季節の前にやることは中をあけてさっと拭くくらいなのですが、たまたまつけたテレビで「エアコンのお手入れ」としてクリーナーの紹介がされていました。これ、、使えそうです。

↓タイミングがよければ注文した日のうちに届きます。思い立ったらぽちってしまう。


◇手順

  • 蓋裏についている黒カビを逃さずアルコールで拭く
  • フィルターの掃除(冬に少し動かした分ややついていた)
  • 最後に「暖房」を1時間入れて湿気をとばしておく ※臭いがないかを最終確認

フィルターがおおいに機能しているようで、テレビのような汚れが内部についていなかったのか、スプレーをふいてもあまり汚れが明確に吹き飛んだ感じはなかったのですが一本ふききりました。液だれもほとんどありません。新聞紙1枚したに敷いておけばぽつぽつ落ちたくらいで大丈夫でした。それにしてもフィルター、有能。

掃除後スイッチオン!かび臭いにおいはまったくしなかったです。

パナソニックのお掃除エアコン2台

こちらは吹き出し口もフィルターも全然よごれていない。さすが。スイッチを切った後でごそごそ動いているのが結露やカビを防いでいるのかな、知らんけど(w)

少しついていたほこりをアルコールティッシュでさっとふきあげるくらいで大丈夫でした。

2015年製で7年目、猫がいるので夏中つけっぱなしにしていたこともあるのですが、さすが!お手入れカンタン!おそうじエアコン!

エアコン

ナショナルでがんばってる2台をダイキンあたりに変えようかと考えていたのですが、このラクさ、体験したら手放せません。他のメーカーのもお掃除機能あるのかな。

キッチン換気扇もお掃除いらずのがでているし、「ラク家事」はありがたい機能だなとつくづく思う。働く女性に家事家電が役に立つと言われていた昭和の時代から、ワーキングマザー時代は乾燥機・食洗機・フープロが3種の神器と先輩から言われて前2つは揃えて大正解でした。

令和の人生100年時代では、あらゆる世代の生活を助ける逸品。幅広い世代にありがたいし、老いを迎えるのにドラム式洗濯機がめちゃ重宝してます。

冷蔵庫もふきあげて、梅雨前の準備OK

100均などでアルコールティッシュが手軽に手に入るので、冷蔵庫内を拭く頻度もあがってます。うちの大きな冷蔵庫にはふるさと納税で毎月送られてきた「お米」5キロ×4袋や先日箱買いした「炭酸水」が1ケース24本まるっと入ります。

この夏は節電が必要な様相なので、エコ家電をうまくつかいながら、扇風機や遮光カーテンも使ってできるだけエアコンをつけなくてもいいように、つけても効率よく冷えるようにお掃除+買い替えを賢くしておきたいところです。エアコンいつ買い替えようかな~、と言いながら何年もたってるw。

 

 

 

応援ぽちっといただけますとさらに背筋が伸びるかもw
くらしの雑記
スポンサーリンク
momaをフォローする
50sは人生のお茶の時間

コメント